FC2ブログ

参議院選勝利のための選挙戦略・戦術・活動について

参議院選勝利のための選挙戦略・戦術・活動について(案)
           2016、6、15   「ぎふ市民連合」共同代表  加藤久雄

     *この文書では、「45万票獲得大作戦」を選挙にしぼってより具体的に提案します。
1 全国の経験から学ぶ
  (1)様々な市民・団体・野党が機敏に創意的・創造的に政治運動・選挙活動を創り出している。
      ・6月15日 「総がかり大行動」。国会周辺4万人。
・全国百カ所以上で連帯行動。新潟、大阪、島根、広島は1000人以上の行動。
  (2)北海道5区補選が「新しい選挙のあり方」「市民参加型選挙」を創り出した。
  (3)全国では、それらに学び、市民と野党の共闘を更に進化させている。
      ・「市民と野党の共同宣言」(群馬)  ・4野党合同街頭宣伝(栃木)
      ・超党派の地方議員と市民団体の合同宣伝。7市町村で10回以上(宮城)
安保法制の廃止を求める女性議員・元議員有志の会。56人で結成(宮城)
      ・SNSカクサン大作戦。街頭宣伝の動画と写真・文字を、ツイッターとフェイスブック
で40回以上発信。1日で100万人以上がアクセス。(大阪)
      ・スピード感のある取り組み。統一候補と市民のトーク集会を1日で設定。SNS(ライ
ン)で相談し拡散。新聞・TVで報道される。(市民連合みえ)

2 市民と野党の共闘をどう進化させるか?
   ◆キーワード:「市民参加型の選挙」
「情報の共有」「確かな情勢の分析と確かな行動」「本気の温度差の解消」
  (1)岐阜の現状と課題   
①野党の共闘の現状は? ・・・「市民連合」は接着剤としての役割をどう果たすか?
   ・候補者と選対と政党と市民の情報の共有。
   ・SNSやメーリスでの情報の共有。(街宣の予定、選挙情報、戦略・アクションなど)
・各後援会(選挙事務所)の事務所に市民の窓口を設置する。選挙事務所をオープン
にし、市民団体がいつでも出入りできるような体制。
・各政党・市民が集まる場のセッティング。(「市民と野党の意見交換のつどい」など)
②市民運動の現状は?
   ・政治活動、選挙活動への躊躇の払拭は? 応援団ではなく一人ひとりが、選挙活動
のプレーヤーになっているか。
   ・経験主義の克服と創意的・創造的な活動の視点は?
   ・市民、市民団体、市民運動側の連携・連帯は?
   ・バリエーションのある広報物。勝手連的に市民が勝手に作成。
   ・風をふかせる「確かな行動」(街頭宣伝など)と対話・票読みなどの選挙活動が構造
的に進められているか。(的をしぼり投票率をアップさせ、確実に票に結びつける)
   ・衆議院選での野党共闘の基盤づくりを進めていく視点の活動は?
   ・SNSの活用。動画の拡散など。(ライン、ツイッター、フェイスブック)
  (2)「市民連合」が果たす役割
     ①歴史上初めての「市民参加型の選挙」に積極的にチャレンジし、「市民と野党の共闘」を豊
かに創造していく。
     ②「野党の接着剤」「市民と野党の接着剤」「市民と市民の接着剤」としての役割を果たして
いく。
     ③「確かな情勢分析と確かな行動」を積極的に追求し、「市民と野党の共闘を豊かにする」た
めの提案・要望を野党と市民団体の双方に提出していく。
     ④例えば「民主的な会議の持ち方」など、「日本の民主主義を作り直す作業」を実践的に追求
し、広めていく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】





【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】


12月6日 さいたま県警の元幹部でさいたま市警察部長(警視正)まで務めた警察OBの田中三郎氏(60歳)が、埼玉県県政記者クラブで記者会見を行って、元埼玉県警察学校長等 を 業務上横領の疑いでさいたま地検に告発したことを明らかにした。


記者会見には、「明るい警察を実現する全国ネットワーク」の代表で田中氏の代理人である清水勉弁護士と同ネットワークの会員で「市民の目フォーラム北海道」代表の原田宏二が同席した。

埼玉県警察学校の学生と教職員の任意団体「校友会」が、構内の売店業者から売上金の3%を「助成金」名目で上納させていたが、
告発状によると田中氏の前任だった平成16年当時の校長(警視正 既に退職)は、庶務・厚生担当事務官(警部級)に「助成金は、当時の副校長(警視)に渡すよう」に指示し、平成16年4月から12月までの間の「助成金」計約125万円を「校友会」の出納帳に記載せず、
当時の校長や副校長ら3人が着服したとしている(告発状はPDF参照 http://www.ombudsman.jp/fswiki/wiki.cgi/akarui?action=PDF&page=%BA%EB%B6%CC%B8%A9%B7%D9%BB%A1%B3%D8%B9%BB%A1%A1%B9%F0%C8%AF%BE%F5 )。


埼玉県警察学校 校長 小河進 は 幹部職員(警視正)でありながら業務上横領。
埼玉県警察学校長→ 交通部長 →勇退(退職金全額もらい退職)。その後、一般財団法人 埼玉県警察福祉協会 理事に。
処分を受けずに天下り?
http://blog.livedoor.jp/saitamalivdoor/archives/3297522.html



【 埼玉県警察学校 校長 副校長が業務上横領 】
埼玉県警察学校の元校長が前任者ら3人 (警察学校長 小河進 副校長 岩淵敏雄)を業務上横領で刑事告発
http://blog.livedoor.jp/saitamalivdoor/archives/3297533.html

埼玉県警 不祥事
https://twitter.com/saitamatwitt



プロフィール

ぎふのかとせん

Author:ぎふのかとせん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR